読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

任期制を導入した人たちは、任期付き羊の夢など見ないだろう。

「5年前のMacBookを買い換えて」で、「iPhone SEが売れていない」と書かれる

iPhone 一般の人向け 時事ネタ

発売以来、肯定的な記事と否定的な記事が入り乱れるiPhone SE。

肯定的にしろ、否定的にしろ記事になれば宣伝となるので、iPhone SEの売り上げには貢献するだろう。
しかし、とある記者が否定的な記事を書く理由は、新製品発表会でのアップルの副社長のコメントが気に入らなかったからのようだ。
 
 
アップルが3月21日に行った9.7インチiPad Proの発表は、後味の悪い印象を残した。プレゼンの場で筆者が最も気になったのはフィル・シラー上級副社長の次のような発言だ。
「現在、世界には5年以上前のPCが6億台以上もあります。これは本当に悲しいことです」と彼は語ったのだ。
伝説的なスティーブ・ジョブズのプレゼンに比べると、今のアップルのプレゼンには緻密さが感じられない。(上記サイトより)
 
この記者は2011モデルのMacBook Proを持っているらしく、このコメントに相当傷ついたらしい。
 
報復としてか知らないけど、アップルに厳しい記事を2つ続けて書く。
 
 
 
1報目の中の「米国版サムスン」という言い回しは批判としては微妙な気がする…。
「米国版サムスン(=アップル)」と「韓国のサムスン」。
アメリカと韓国を比べたら経済規模などいろいろな面で アメリカ>韓国 なのだから、やっぱり 「米国版サムスン(=アップル)」>「韓国のサムスン」という事だろうか?
 
2報目の記事のシェアの話題も微妙である。
アメリカやイギリスなどの主要国でもiPhone SEが手元に届くまで数週間待たされているようだ。
注文しても、まだ手元に届いていない人は多い。
 
 
iPhone 6sなどでも同様な事があっただろう。
しかし、メーカー側の問題で供給が追いついていない時に、シェアで人気を憶測してもあまり意味がないだろう。
その時点でのシェアは「人気」よりも「供給量」により依存するからだ。
 
一方、日本国内ではiPhone SEはそこそこ人気があるようだ。