読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

任期制を導入した人たちは、任期付き羊の夢など見ないだろう。

ショーンK氏の事件に見る偽る人間の論理

研究倫理

先日の記事では学歴詐称が蔓延る理由として、

普通の人には騙す側の論理が理解出来ない」と書いた。

 

普通の人間は嘘がばれれば「嘘でした、ごめんなさい」と、嘘であったことを認める

そして他の人も同様な行動をすると思い込んでいる。

 

しかし、騙す人間は嘘が発覚しても嘘だったとは認めずに、

更に嘘を重ねて、逃げ切ろうとする。

大半の人には嘘だとばれていてもだ。

 

 

ショーンK氏の場合はどうだろうか?

彼の場合、発端は学歴詐称だ。

 

テンプル大学でBA(学位)、

ハーバード・ビジネス・スクールでMBA

パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学、

というのは事実ではないことは、本人も認めたが、

 

テンプル大学ジャパン入学、
ハーバード大学パリ大学オープンキャンパス受講

というのが本当の学歴としている。

(ただし、その証拠はまだ発表されていない様子)

 

また出生にしても、父親が「アメリカ人と日本人のハーフ」としていたが、

インタネット上では父親は国家公務員(普通の日本人?)と噂になっていた。

疑惑が出生にまで飛び火するとショーンK氏は、
実の父親と、育ての父親が異なる」と弁明をするようになる。
 
ショーンK氏のコロコロ変わる話を、
証拠も無しに信じる人間は、
果たしてどれだけいるだろうか?

続く