読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

任期制を導入した人たちは、任期付き羊の夢など見ないだろう。

東大医学部付属病院の研究不正疑惑が再燃 2015年と2016年の比較

研究倫理 学生向け 専門の人向け

東大医学部付属病院の研究不正疑惑で、

2015年の疑惑事件とこれまでに分かっている今回(2016年)の事件の比較

 

2015年

告発者:匿名A氏(個人?)

告発対象:論文84報

対象機関:東大(医学部付属病院)、大阪大、京都大など多数

疑惑内容:画像の切り貼り、流用が主

告発方法:インタネットで公開

結果:一部で不正が認められたものの、大半が不正認定されず

 

2016年

告発者:Ordinary_researchers(グループ?)

告発対象:論文11報

対象機関:東大医学部付属病院

疑惑内容:棒グラフやチャートで不自然な箇所が主

告発方法:東京大学文部科学省に告発

経過:東京大学で予備調査中

 

2015年の件ではインタネット上で不正疑惑が公表された後、新聞などでも取り上げられ、各大学で不正調査が始まった。

しかし、東大を含めたほとんどの大学では「疑義なし」として調査が終了された。

この結果を受けて、匿名A氏は

東大病院長のBBRCが捏造でないなら、この世に捏造論文など存在しないです。
小保方さんも無罪です。
森口さんも無罪です。
加藤茂明先生なんか絶対に無罪です。

コメントし、その後も東大付属病院の研究倫理問題にコメントし続けた

2016年の告発に匿名A氏が関わっているかは、現在のところ不明。

また、2016年の告発対象の11報の中に、2015年の告発対象の84報に含まれるものは無い

しかし、東大付属病院のTK氏が責任著者(最終著者)となっている論文が両方の告発対象に入っている。

匿名A氏が言及していた東大病院長というのはTK氏(当時)の事である。

 

続報

letsseq.hatenablog.com