読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

任期制を導入した人たちは、任期付き羊の夢など見ないだろう。

衝撃のクマムシゲノム解析結果 -コンタミおち編

前々回と前回の記事で、クマムシゲノム中に大量に水平伝播(HGT)遺伝子が見つかった事と、その大量HGT遺伝子は実験ミスによる誤解ではないかという疑念に至った経緯を書いた。

 

衝撃のクマムシゲノム解析結果 -大量HGT遺伝子大発見編 - 任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

衝撃のクマムシゲノム解析結果 -疑念編 - 任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

 

アメリカのグループがクマムシゲノム中に大量にHGT遺伝子が存在することを示した論文を発表した4ヶ月後に、カナダのグループが独自のクマムシゲノムの解読結果を発表した。

そのカナダのグループの論文の内容は、タイトルに簡潔に表されている。

 

そのタイトルは、

 「No evidence for extensive horizontal gene transfer in the genome of the tardigrade Hypsibius dujardini」

クマムシゲノム中に大量の水平伝播遺伝子は見つからなかった

である。

 

元のアメリカのグループの論文のタイトルが、

Evidence for extensive horizontal gene transfer from the draft genome of a tardigrade」

クマムシゲノム中に大量の水平伝播遺伝子が見つかった

であるから、カナダのグループの論文のタイトルは明らかにパロディである。

 

カナダのグループは、実験を行う際にクマムシの洗浄には十分気をつけていた。

それでも、細菌などの他の生物のDNAの混入は避けられず、DNA配列のアッセンブリの際にも間違って細菌などのDNAをできるだけ排除するように努めた。

 その結果に見つかったクマムシゲノムのHGT遺伝子数は、全体の遺伝指数のわずか0.2%であり、アメリカのグループの結果の1/50から1/100程度であった。

この0.2%という割合は、クマムシの近縁種と比べても同じ程度だと考えられる。

よって、大量のHGT遺伝子というのは幻であったことが証明された。