読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

任期制を導入した人たちは、任期付き羊の夢など見ないだろう。

ついに「タイムマシン」が完成-千葉大学と理科学研究所のグループ

一般の人向け 時事ネタ

SF小説やSF映画などの世界では幾度となく描写され、人類の夢ともいえた「タイムマシン」。本日(2016年4月1日)の発表によると、千葉大学(*)と理化学研究所(**)のグループがタイムマシンの開発に成功した。ついに、希望する時代に行き来する時間旅行が可能となる。

 

千葉大学によると、開発に関わったのは工学部と広報室など。同広報室によると開発の主な目的は「在学中に悪質な犯罪を犯しながら卒業をしてしまった卒業生たちの学位を剥奪」にする為である。具体的には、同大学の職員がタイムマシンを使い過去に戻り、犯罪を犯した卒業生たちに停学を言い渡す。そのことにより「在学期間が不足し、卒業要件を満たさなくなり、卒業が取り消される(同大広報室)」。どうせ過去に戻れるなら犯罪を未然に防ぐことも可能なのでは? という問いに対しては、「開発の目的は、あくまで悪質な卒業生の学位を剥奪であり、それ以外の利用は時間旅行倫理規定違反(同大広報室)」になると答えた。千葉大学では、悪質な卒業生の学位を剥奪以外の利用方法は想定しないようである。

 

一方の理化学研究所では西川伸二氏らを中心としたグループが開発に関わった。西川氏によると開発の目的は『2013年1月28日の「あの日」に戻るため」。STAP細胞関連論文の記者会見があったのは2014年1月28日の間違いではないか? という質問に対しては、『「あの日」がいつか? 最後は自分自身で見つけるしかない問題だ。しかし、私は迷うことなく「あの日」とは、あの賑々しい記者会見の日である2013年1月28日月曜日ではないか」などと意味不明な返答をした。

 

*千葉(せんよう)大学は、日本にあるかもしれない国立大学

**理化学(ことわりかがく)研究所は、潰れそうになったかもしれない研究所。理化学研究書とも表記される。

 

関連記事

千葉大学がタイムマシンの開発を始めそう - 任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?

 

西川伸一氏もタイムマシンの開発を進めているのではないか? - 任期付き助教は、任期付き羊の夢をみるか?